Brew anyone?

英国生活と英語修行の備忘録

アートで振り返るロシア革命100周年

2017年の今年は1917年に起こったロシア革命、そして社会主義国家が誕生して100年目に当たります。それをアートを通じて振り返ろうという展覧会がRoyal Academy of Artsで開催中!
ソビエト連邦が解体されたのが1991年、もう四半世紀以上前になりソ連なるものが存在していたのも過去の歴史になりましたがこの壮大なる試みを改めて考えるよい機会となりました。

「Revolution : Russian Art 1917 to 1932」

www.royalacademy.org.uk

ロシア・アヴァンギャルドのカディンスキーやロトチェンコ、シャガールはこの時期に活躍していたのですね。労働者と農民の国ができたことへの歓喜、レーニンやスターリンの偶像崇拝、労働者を支える技術や道具への賛美があふれています。
それまでのブルジョワ支配社会を倒し、希望にあふれていた社会主義が100年後には崩壊してしまっているなんて考えもつかない時代のパワーを感じます。
一方でこのアーチストたちの中にも虐殺や海外亡命を余儀なくされた人たちも少なからずいたことも思い出されます。

それにしてもこの15年間を見て回るだけでもなんたるボリューム!お腹いっぱいで展覧会を後にしました。